緊急時の対応

気象警報等発表時の対応について



通学区域である刈谷市、知立市、高浜市のどこか一つの市に警報が出た場合は、以下の対応をとる。

1 気象警報(暴風警報、大雨警報、大雪警報、暴風雪警報、土砂災害警戒情報)が発表された場合
(1)  児童生徒の登校する以前に名古屋地方気象台から気象警報(暴風警報、大雨警報、大雪警報、暴風雪警報、土砂災害警戒情報)が発  表されている場合
 ア 始業時刻2時間前(当日朝6時40分)までに警報が解除された場合は、平常どおり授業を行う。
 イ 始業時刻2時間前以降午前11時までに警報が解除された場合は、解除後2時間を経て授業を始める。
 ウ 午前11時以降警報が継続されている場合は、授業を行わない。

  上記ア、イの場合、通学路の冠水・河川の増水等により登校が危険なときや交通機関の途絶等により登校が困難な場合は、登校しなくて も構いません。

 (2)  児童生徒の登校後に名古屋地方気象台から気象警報(暴風警報、大雨警報、大雪警報、暴風雪警報、土砂災害警戒情報)が発表され   た場合、速やかに保護者と連絡をとった上で、適切に対応する。
  ア 気象・交通機関及び通学路の状況等から児童生徒を安全に帰宅させうると判断したときは、授業を中止し速やかに下校させる。
  イ 通学路が危険と認められるときや帰宅が困難と認められるときは、保護者が迎えにくるまで、当該児童生徒の安全を校内において確   保する。

2 特別警報が発表された場合
 (1)  児童生徒の登校する以前に名古屋地方気象台から特別警報が発表されている場合
  ア 登校させない。
  イ 特別警報解除後も災害の状況及び気象・交通機関・通学路の状況等に係る情報収集に努め、児童生徒を安全に登校させうると判断で   きるまでは登校させない。

 (2)  児童生徒の登校後に名古屋地方気象台から特別警報が発表された場合
  ア 即刻、授業を中止し、災害の状況及び気象・交通機関・通学路の状況等に係る情報収集並びに児童生徒の生命及び安全を確保する最   善の対応(学校留め置き、外部の避難場所への移動、保護者への引き渡し等)を迅速に行う。
  イ 児童生徒を校内に留め置いた場合は、特別警報解除後も災害の状況及び気象・交通機関・通学路の状況等に係る情報収集に努め、保   護者が迎えに来るまでは下校させない。

3 気象警報又は特別警報が発表されていないが、大雨等の異常気象により児童生徒の安全確保に困難が予想される場合

名古屋地方気象台から発表される注意報・警報等の気象情報を把握するとともに気象・交通機関及び通学路の状況等を判断し、休業や授業の中止を決定する。

  その場合は、速やかに、保護者へ連絡し対応を伝える。