資料

平成30年度刈谷市立刈谷特別支援学校実践研究協議会 概要

 本年度、本校では文部科学省委託事業「学校における医療的ケア実施体制構築事業」及び刈谷市教育委員会の研究指定を受け、「新たな肢体不自由特別支援学校づくりー笑顔、挑戦、感謝の実践ー」をテーマに実践研究協議会を開催しました。
 180名を超える参加があり、盛況のうちに終えました。皆様の御参加ありがとうございました。



〇学校公開・授業参観【平成31年2月22日(金)】

   

 第5時限目、6時限目の授業を公開しました。授業後に、来賓の筑波大学人間系教授・附属久里浜特別支援学校長の下山直人様より御高評をいただきました。


〇実践研究協議会【平成31年2月23日(土)】

        

        

    

◇記念講演
 演題:「肢体不自由教育の現状と未来」
 講師:筑波大学人間系教授・附属久里浜特別支援学校長 下山 直人 氏

    



◇第1分科会
 ・一人一人を大切にした教育課程を編成するために                報告資料
 ・円滑な接続を踏まえた、使われる「個別の教育支援計画」とは          報告資料
 助言者:愛知教育大学 特別支援教育講座 講師 小倉 靖範 氏

        

◇第2分科会
 ・学校の特色を生かした交流及び共同学習を進めるに当たって           報告資料
 ・地域のニーズに応じたセンター的機能を果たすために              報告資料
 助言者:岐阜聖徳学園大学 教育学部 教授 安田 和夫 氏

        


◇第3分科会
・「出向看護師システム」                           報告資料
・「学校における医療的ケア実施体制構築事業」の実際              報告資料
 助言者:愛知県心身障害者コロニー中央病院 副院長 三浦 清邦 氏

        


〇アンケート結果
 アンケートに御協力いただきありがとうございました。集約の結果及びいただいた御意見への回答を掲載します。


 ←ここをクリック


 いただいた御意見や御感想を参考にさせていただき、本校の研究の更なる充実に向けて取り組んでまいります。
 なお、来年の2月に、第2回実践研究協議会の開催を予定しています。今後とも、御支援・御協力お願いします。